二俣少年野球クラブ

試合中の
 元気では負けない。

二俣少年野球クラブ

かつては野球どころとして知られ、5つもの少年野球チームがあった二俣地区。団員の減少を理由に、昭和61年に『二俣少年野球クラブ』の1チームに統合されて32年が経過した。

現在では、天竜区の小学生18名が所属している。土曜・日曜日は一日練習が行われ、水曜日はナイター練習。6名いるコーチが丁寧に基礎技術を教える。

西村監督に話を聞いた。
「伝統的に挨拶が良くできるチームです。練習中でも、通りすがりの近隣の方に挨拶をしています。もう少し練習に集中してほしいですが(笑)。その挨拶は先輩たちを見て、彼ら自らが行っていること。嬉しく思いますし、誇らしくもあります。チームとしては、『試合で負けても、試合中の元気では負けない』をモットーにしています。失敗しても下を向かずに、前向きに進める子になってもらいたいと思っていますし、自主的に行動できる子になってほしいです。OBが気軽に来てくれ、練習を手伝ってくれたりするのもこのチームの良さかもしれません」

8月に夏合宿を行うほか、元旦マラソンや節分など、野球以外の学びの場を提供しているのも同チームの特徴と言える。

キャプテンの古山瑛翔くんは、「チームみんな元気がいい。元気があるから仲が良い。チームワークはとても良いと思います。野球はひとりでやっていても楽しくない。みんなと、チームでやるから楽しい。今の目標は県大会出場です」

楽しんで取り組むから上達する。
本来の少年野球の姿がここにはある。

二俣少年野球クラブ

二俣少年野球クラブ

聖隷クリストファー中・高等学校

藤井接骨院

デジタルパンフ




ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 浜松スピードスケートクラブ
    浜松スピードスケートクラブウィンタースポーツと言えば、北海道や東北、北信越など、豪雪地域で行われ…
  2. 編集長のひとりごと
    歳のせいか、一年が過ぎるのが実に早い。浜松の高校の部活動を応援する『ジュニアアスリートプラス…
  3. ジュニアアスリート浜松
    夢への扉。ジュニアアスリート浜松最新号「夢への扉。」が、いよいよ1月29日(金)に配布開始となり…
PAGE TOP