大逆転劇で浜松北ボーイズが浜松対決を制す。

第1回遠州トラック旗令和4年日本少年野球連盟静岡県支部春季大会

令和4年4月2日に『第1回遠州トラック旗令和4年日本少年野球連盟静岡県支部春季大会』が開幕。浜松地区からは、浜松ボーイズと浜松北ボーイズ、浜松修学舎ボーイズの3チームが出場。今年度初となる県王者の座を目指し、熱戦を繰り広げた。 浜松北と修学舎が一回戦で激突し、“浜松対決”となったこの試合は、お互い一歩も譲らない打撃戦となった。

試合は、浜松北の攻撃で「プレーボール」。初回無得点に終わった浜松北に対し、修学舎はヒット3本で3得点。効率のいい攻撃で先制に成功する。3点を追う浜松北は3回表、2本のヒットと四球で1アウト満塁のチャンスを作ると、続く打者が初球を振り抜き、打球は二遊間へ。センター前に抜けるかと思われたが、これをショートが横っ飛びでキャッチ。そのままダブルプレーを狙いに行くが、一塁への送球が乱れる。この間に2塁走者まで一気に生還。これで3対2となり、浜松北が1点差に詰め寄った。 リードを広げたい修学舎はその裏、先頭から連続四球でチャンスを作ると、続く打者が右中間へのタイムリーツーベース。後続もツーベースヒットで続き、3点を追加。失点した直後だったが、試合の流れを簡単には渡さない。4回表、1点差まで追い上げた直後に突き放され、苦しい展開を強いられる浜松北が、それでも食らいつく。ヒットと四球でチャンスを作ると、2アウトから二者連続のツーベースヒットで3点を返し、6対5。またしても1点差に詰め寄る。4回裏、再び突き放したい修学舎は、先頭打者が死球で出塁したが、後続が倒れ、無得点に終わる。5回表の浜松北の攻撃は三者凡退。ここまでの乱打戦とは打って変わり、両投手が立ち直り始め、次の1点が大きな意味を持つ試合展開となる。その裏の修学舎は先頭打者がエラーで出塁。1アウトとなるも四球でランナーを進め、1、2塁とチャンスを拡大。しかし、続く打者の捉えた当たりはセンターライナーでツーアウト。その後ダブルスチールを仕掛けるが、浜松北キャッチャーの好送球で「アウト」。チャンスを逃す。6回表。1点を取って、早く同点に追いつきたい浜松北だったが、相手投手を捉えきれず、三者凡退。スコアボードに0が続く。ダメ押し点が欲しい修学舎だったが、こちらも三者凡退に打ち取られる。試合はいよいよ最終回へ。

7回表。何としても逆転したい浜松北は、先頭打者が倒れるも、続く打者が振り抜いた打球はレフトの前へ。懸命に飛びついたレフトのグラブは、わずかに届かず、執念のヒットで同点のランナーが出塁する。盗塁と申告敬遠で1アウト1、2塁と得点圏にランナーを進め、一打同点のチャンスを迎える。ここで低めの変化球を捉え、同点タイムリー。修学舎の背中をついに捉える。浜松北はここで代打を投入。緊迫する場面だったが、見事期待に応え、センター前へ勝ち越しタイムリー。ここまで常にリードを許す展開だった浜松北が、土壇場で試合をひっくり返した。このままでは終われない修学舎の最後の攻撃。1アウトから連続四球で1アウト1、2塁と長打が出れば逆転サヨナラのチャンスを迎える。しかし、浜松北の投手が粘りを見せ、三振で2アウト。最後の打者もセカンドゴロに打ち取られ、ゲームセット。浜松北ボーイズが最大4点差をひっくり返し、7対6と大逆転劇で、修学舎を下した。

なお、大会は浜松ボーイズが優勝した。

関連記事