西遠女子学園中学校

西遠女子学園中学校が”大会連覇”。

平成27年度女子バレーボール浜松地区新人戦

平成27年10月3日、4日、11日の三日間にわたって、引佐総合体育館をメイン会場に、『平成27年度女子バレーボール浜松地区新人戦』が行われた。この大会は、11月に行われる西部大会のシード順を決める大会。勝ち上がると、県大会、さらには東海大会へと続く、夏季大会に続くビッグな大会となっている。

大会一日目には予選リーグが行われ、上位チームが二日目以降に行われる決勝トーナメントへ出場した。

その中でベスト4へ進んだのは、新居中学校と浜松北部中学校、西遠女子学園中学校、笠井中学校の4チーム。

準決勝の第一試合は、新居中と浜松北部中が対戦した。新居中は、粘り強い守備と、多彩な攻撃を武器にオールストレート勝ちで準決勝に進出。昨年からのレギュラーが多く残っているためか、チームの仕上がりが早い気がした。一方の浜松北部中は、粘り強く接戦を勝ち上がっての準決勝進出となった。試合は新居中の一方的なペースで進む。サーブで相手を崩すと、その後も連続ポイントを重ね、25対9で第1セットを奪取。第2セットに入っても新居中のペースは衰えず、25対12で奪い、ストレート勝ちで決勝進出を決めた。

準決勝第二試合は、西遠女子中と、笠井中の対戦。西遠女子は、昨年ほど情熱的なバレーではなくなったものの、安定した力を見せ、危なげなく順当に準決勝へと駒を進めた。笠井中は、準々決勝で三ヶ日中を敗り勢いに乗って準決勝を迎えた。試合は、西遠女子にミスが目立ち、笠井中が食い下がるも、徐々にペースを取り戻した西遠女子が25対16で第1セットを先取。続く第2セットも同じ様な展開となり、25対15で西遠女子が勝利し決勝進出。決勝戦は、ここまで圧倒的な力を見せつけた両チーム、新居中と西遠女子の対戦となった。

決勝戦の第1セット、先に主導権を握ったのは新居中だった。この日絶好調のエースにボールを集めると、次々とアタックが決まり、新居中がリードを奪う。守備陣も奮闘し、西遠女子に連続ポイントを許さない。しかし中盤以降、西遠女子が新居中の攻撃に対応しだすと、終盤に連続ポイントを挙げ、西遠女子が第1セットを25対20で奪うことに成功。第2セットに入っても拮抗した展開。西遠女子がダイナミックな攻撃でリードを奪うと、新居中は素早い攻撃と、エースの力強いアタックで追いすがる。新チームになってまだ二ヶ月。二ヶ月しか経っていないのだが、そんな期間を感じさせないほど、ハイレベルな攻防が続く。しかし終盤、西遠女子が連続ポイントを挙げ、粘る新居中を振り切り、第2セット(25対21)も西遠女子が奪取。昨年に引き続き、大会連覇を果たした。

新チームとなり、勢力図が変わる中、西遠女子学園中学校と新居中学校が見せたバレーボールは、技術、戦術ともに、群を抜いたレベルにあった。県でもトップの水準にあるのではないだろうか。この2チームは『西部中学校新人バレーボール選手権大会』の準決勝でも激突。ここでも西遠女子が勝利を収めた。県大会が行われるのは1月。県大会でもこの2チームと、西部大会ベスト4の笠井中を中心に大会が回っていくことが予想される。さらにスケールアップしたバレーボールを見られる日を心待ちにし、浜松地区のチームの活躍を大いに期待したい。

西遠女子学園中学校

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 浜北北部中学校 サッカー部
    浜北北部中学校サッカー部新人戦浜松地区大会で優勝を飾った浜北北部中学校。西部大会、県大会では…
  2. 三ヶ日中学校 女子剣道部
    三ヶ日中学校女子剣道部新人戦の浜松地区大会で優勝を果たした三ヶ日中学校。羽賀杯では県3位、年…
  3. 第2回 浜松開誠館中学校・中部中学校 野球定期戦
    第2回 浜松開誠館中学校・中部中学校 野球定期戦令和元年7月30日、浜松球場にて『第2回浜松開誠…
PAGE TOP