雄踏中学校 男子バレーボール部

まずは県大会制覇。夏は全国を目指す。

雄踏中学校 男子バレーボール部

新チームとなって始めて挑む公式戦『浜松地区中学校新人総合体育大会』のバレーボールの部が令和2年9月26日から開幕。雄踏中学校男子バレーボール部は、昨年の1年生大会でベスト8進出を果たしており、シード権を獲得。今大会は、第2シードとして大会に挑んだ。予選では、開成中学校と与進中学校を一蹴。2試合ともストレート勝ちを収め、1位で予選リーグを突破した。決勝トーナメントの初戦では、北浜東部中学校と対戦。第1セットこそ落とすが、その後2セットを奪い、逆転勝ちを収めた。続く準々決勝では、再び与進中との対戦となったが、ここでも力の差を見せ、ストレート勝ちで準決勝進出を果たした。準決勝の相手は高台中学校。第1セットを先取したが、第2セットを奪われ、試合は最終セットへ。ここでも終盤の粘り強さを見せ、最終セットを奪取。決勝進出を決めた。

決勝戦の相手は、ノーシードながら優勝候補の呼び声高い浜松修学舎中学校。ここまで圧倒的な強さを見せる修学舎中に対し、序盤こそ善戦するものの、最後は力負け。準優勝という成績を収め、課題と収穫を得られ、今後に向けて貴重な経験を積んだ。

11月7日から始まった『西部地区中学校新人バレーボール選手権大会』。この大会も第2シードとして出場。初戦の湖東中学校をストレートで下し上々の滑り出しを見せると、続く準々決勝では、丸塚中学校をフルセットの末に下し準決勝へ進出。準決勝で曳馬中学校に敗れ3位決定戦に回ったが、南陽中学校との決定戦に勝利し、1月から始まる県大会には、西部3位としての出場を決めた。

チームの特徴は、オープン攻撃を主軸としたダイナミックなバレー。左右に強力なスパイカーを配し、攻撃力を武器に勝利を掴み取る。部員は、2年生9名と1年生8名の17名。部長を務める山田隼くんはチームについて「日頃から一人ひとりの個性を大切にすることを心掛けています。僕たちが目指すのはコンビバレーではなくオープンバレ―。なので、個を伸ばしながらチームとしての戦い方を身につけていきたいです。声を出してチームを盛り上げ、良い雰囲気で戦えるチームにしていきたいです」と話した。

中学から本格的にバレーを始めた選手ばかりというチームの課題は守備力。特にレシーブがまだまだだと全員が認識する。ゲームキャプテンを務めるエースの佐津川瑛太くんは、「攻撃力はあると思います。シード校決定戦の時から手応えは感じていましたし、勝てるという自信もありました。それでも、優勝はできなかった。大会を通して、レシーブが不安定で余分な失点が多かったなと感じています。これからは、そこをしっかりと修正してもっと上に行けるようになりたいです」と話す。

高さも備える同チームでは、ブロックも武器になり得る。レシーブの強化に加え、ブロックの精度を上げることで守備力は格段に上がるだろう。これから冬を迎え、練習時間は短くなっていく。限られた時間内でどのように練習効率を上げていくか。この冬の過ごし方が来年の夏に大きく影響する。目標は、県大会優勝。そして、東海大会、全国大会への出場を果たすこと。まだ課題が多く、試合でもムラが目立つが、それは伸びしろ。立ち位置的には、十分目標に手が届く位置にいる。これからの一日一日を大切にし、自分たちの目標に向かって邁進する。

雄踏中学校 男子バレーボール部

雄踏中学校 男子バレーボール部

桜花不動産

ユーモア

イズモカード

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. ジュニアアスリートプラス最新号
    冬の王者へ。ジュニアアスリートプラス最新号「冬の王者へ。」が、いよいよ10月25日(金)に配布開…
  2. 北浜中学校 女子バレーボール部
    北浜中学校 女子バレーボール部『令和元年度中学校夏季総合体育大会』の女子バレーボールの部で、3年…
  3. 浜松地区中学校新人総合体育大会
    浜松学院中学校が大会3連覇平成28年10月1日から始まった女子バスケットボールの「浜松地区中学校…
PAGE TOP