中体連夏季大会野球の部

中体連夏季大会野球の部
 県大会出場へ残すは“1枠”のみ

県大会出場の枠は“7”
6チームの県大会出場が決まる

夏季大会野球の部は準々決勝と順位決定戦が行われ6位までが確定した。

浜北球場の第一試合は、ここまで圧倒的な力で勝ち上がり波に乗る新居中学校と、レワード旗でベスト4に進み、3回戦で舞阪中学校との激戦を制し勝ち上がってきた北浜中学校が対戦。
好調の両チームによる対戦はお互い譲らぬまま、特別ルールの延長戦へ突入。延長戦で後攻の北浜中がサヨナラ勝ちを収め、準決勝進出を決めた。

浜北球場の第二試合は、“優勝候補”の一角、天竜中を破り勢いに乗る積志中学校と、“第4シード”で、好投手擁する高台中学校が激突。
試合は、安定した試合運びをみせた高台中が5対2で積志中を破り準決勝進出。

湖西球場の第一試合は、“第2シード”で、ここまで無失点で10得点、“春の全国大会出場”チームの曳馬中学校が、レワード旗準優勝の与進中学校とう“シード校”同士が激突。
この試合でも曳馬中がその実力を発揮し、3試合連続での完封となる4対0で与進中を下し、準決勝進出を決めた。

湖西球場の第二試合は、“第3シード”で新人戦王者の三ヶ日中学校が、3回戦で浜名中学校との接戦を制した三方原中学校と対戦。この両チームは新人戦浜松地区大会の準決勝でも対戦しており、その時には三ヶ日中が8対3で勝利している。
試合は終始三ヶ日中がチャンスを作るも拙攻もあり、なかなか得点を奪えない。
一方の三方原中は、ワンアウトからでもバントでランナーを二塁に送る作戦を徹底。
少ないチャンスを確実にモノにした三方原中が3対1で三ヶ日中を下し、準決勝に進んだ。

その後行われた順位決定戦では、積志中が新居中に2対1で競り勝ち県大会出場決定。
三ヶ日中は与進中を6対0で下し県大会出場を決めた。

この時点での県大会出場チームは、北浜中と高台中、三方原中、曳馬中、積志中、三ヶ日中の6チーム。
浜松地区から県大会へ出場できるのは7チーム。

この週末、“最後”の1枠を懸けて、新居中と与進中が戦う。

中体連夏季大会野球の部

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. ビオ・あつみ
    ビオ・あつみ エピスリー浜松藤永さんに聞く!株式会社渥美フーズが運営する食を目一杯!楽しみた…
  2. 浜北北部中学校 女子柔道部
    浜北北部中学校女子柔道部新人戦の浜松地区大会で準優勝を果たした浜北北部中学校。昨年から主力を…
  3. 中学男子バレーボール静岡県選抜
    中学男子バレーボール静岡県選抜12月に行われる『JOCカップ全国都道府県対抗中学バレーボール大会…
PAGE TOP