静岡県親善野球大会 浜松選抜石垣島遠征

浜松市選抜大会レポート。

静岡県親善野球大会 浜松選抜石垣島遠征

浜松地区の中学野球部から選抜された42名で構成された『浜松選抜』。H、Oの2チームに振り分け、静岡県親善野球大会に参加した後、今年は沖縄県石垣島へ。猛暑の夏を駆け抜けた浜松選抜の活躍をレポートする。

昨年はコロナ禍により活動が制限された浜松選抜だったが、今年は関係者の尽力により一部の対外試合を実施。まず行われたのが『第38回静岡県中学親善野球大会』。令和3年8月3日と4日の二日間に渡って、草薙球場をメイン会場に開催された。この大会には各地区から選抜された20チームが出場。浜松から出場したのはHチームとOチーム。Hチームは初戦で御殿場選抜に敗れた(4対7)ものの、Oチームが躍動。初戦の焼津選抜を4対1で退けると、続く2回戦では三島選抜との投手戦を制し、2対1で決勝トーナメントへ。準決勝の磐周選抜戦は、初回に2点を先制される苦しい展開となったが、1対3で迎えた最終回に3点を挙げ逆転。4対3で磐周選抜を下し決勝へと駒を進めた。決勝戦は静岡選抜Aと対戦。2回に3点を先制したOチームだったが、3回に2点を返され、3対2と接戦に。5回に4点を追加し引き離すも、粘る静岡選抜Aが3点を返し、7対5と2点差で最終回へ。Oチームはここで2点を追加し9対5。その裏の静岡選抜Aの攻撃を1点に抑え、9対6で勝利。浜松選抜Oチームが、見事優勝を果たした。

14日からは沖縄県石垣島にて『浜松市選抜交流中学野球親善大会』が行われた。大会へは浜松選抜2チームと、石垣島の大浜中学校と、石垣中学校、石垣第二中学校の計5チームが参加。Oチームの初戦の相手は石垣中。序盤から得点を重ね5対0の快勝。続く2戦目は石垣第二と対戦。この試合は序盤から石垣第二にペースを握られ、結果は1対4で敗戦。初日を一勝一敗で終えた。一方のHチームは初戦で大浜と対戦。試合は息詰まる投手戦となったが、延長タイブレークの末2対1で勝利。続く石垣との対戦では、相手投手の前に打線が沈黙。0対2の完封負けを喫し、こちらも一勝一敗で初日を終えた。
大会二日目。Oチームは大浜と対戦。終盤一気に突き放し9対0で快勝。一方のHチームは石垣第二と対戦。試合は1点を争う好ゲームとなり、1対1のまま終盤へ。最終回表に1点を勝ち越したHチームが3対2で石垣第二を下し勝利。最終戦となる二日目第二試合は、OチームとHチームが対戦。2回裏にHチームが3点を挙げ試合の主導権を握り、Hチーム優勢のまま試合が進む。その後お互い無得点で迎えた6回表、Oチームが2点を返し1点差に。しかしながらOチームの反撃もここまで。小刻みな投手リレーでHチームが逃げ切り3対2で勝利。Hチームが中学野球最後の大会を優勝で飾った。

なお、大会を通して個人賞も発表され、浜松選抜からは、殊勲賞に名古竣佑くん(麁玉中)が、敢闘賞には谷脇健心くん(丸塚中)が、そして打撃賞には廣岡暖人くん(三方原中)が選ばれた。

例年行っている台湾遠征はコロナ禍により、昨年に続き中止。今年は国内の石垣島に舞台を変え実施された。野球を通して実現した、普段交わることのない同世代の選手との交流。参加した選手たちが、“大きな何か”を手にしたことに期待したい。

この先、彼らのステージは高校野球へと変わる。今回得たであろう“何か”を活かすのはこれからとなる。本当の勝負はこれから。悔いのない半年間を過ごし、高校野球で活躍する日を、楽しみに待ちたい。

静岡県親善野球大会 浜松選抜石垣島遠征

静岡県親善野球大会 浜松選抜石垣島遠征

静岡県親善野球大会 浜松選抜石垣島遠征

イズモカード

ユーモア

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 第41回毎日文化サロン講演会
    城彰二西野ジャパンを語る。まもなくワールドカップロシア大会が始まります。日本中がサッカー…
  2. 開誠館中学校 男子バスケットボール部
    開誠館中学校 男子バスケットボール部昨年度の中体連夏季大会において“全国大会ベスト8”という成績…
  3. 積志中学校陸上部
    積志中学校陸上部新人戦浜松地区大会で総合優勝に輝き、見事総合2連覇を達成した積志中学校。…
PAGE TOP