舞阪中学校 女子卓球部

全員で目指す
 2年連続での東海大会出場

舞阪中学校 女子卓球部

新人戦では、浜松地区大会、西部大会を突破し県大会へ進出。その県大会ではベスト4に輝き、東海大会への切符を手にした舞阪中学校女子卓球部。

東海大会では、東海圏の強豪と試合をすることで、自分たちの現在地を知ることができ、良い刺激を受けた。

今年のチームには絶対的なエースがいない。

強豪チームには必ず“エース”と呼ばれるポイントゲッターがいる。勝ちが計算できるエースがいるからこそチームは勝ち上がることができる。

しかしながら、今年の舞阪中にはその“エース”がいない。

いないからこそ“レギュラー争い”が激化する。

各選手が高いモチベーションと責任感を持って練習に励むことで、チームとしてのレベルアップを実現。
レギュラー争いを懸けた校内戦は常に激戦となり、その都度順位が入れ替わる。

切磋琢磨することで大きな成長を遂げ、お互いを認め合うことで、団体戦での“チームワーク”という武器を手に入れることができた。

このチームワークこそ、今年のチームの強さの秘密なのだ。

練習では、相手の出鼻を挫けるよう、サーブレシーブの強化に力を入れ、自分たちが試合の主導権を握れるように意識。勝つための手段を考え、そこに磨きをかけることで勝利を掴んできた。
春の選手権以降は対外試合を数多くこなし、実戦経験を積むことに取り組んだ。

これまでの練習は、最後に笑うため。

集大成となる夏季大会。
部員全員で、2年連続となる東海大会出場を目指す。舞阪中学校 女子卓球部

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 浜松修学舎ボーイズ
    浜松修学舎ボーイズ浜松修学舎中学校の硬式野球部として活動する『浜松修学舎ボーイズ』。浜松地区内で…
  2. 編集長のひとりごと
    中体連夏季大会が終わり、間もなく新人戦が始まる。三年生およびその父兄にとってはかけがえのない…
  3. 篠原中学校 サッカー部
    篠原中学校サッカー部新人戦の浜松地区大会では、ベスト16で敗れたものの、西部大会ではベスト4…
PAGE TOP